タクシー会社の転職事情

タクシードライバー年収

避けるべき会社

現在、最初に就職した会社に居続けることはまれになっています。二十代はもちろんそれ以上の世代も働き方や年収で転職するケースも珍しくありません。タクシードライバーも年収を始めとした待遇でタクシー会社間を転職するケースはありますが、その際はどのようなことに気を付けているのでしょうか。まず分かりやすいのが、知名度のない会社を避けるということです。大手と比べ売り上げを出すことが難しく、車一台に対しての利益が少なくなるのでひいてはそれがタクシードライバーの年収に直結するからです。そしてタクシーランクがCランク以下の会社も良くありません。タクシーランクとはお客とタクシー会社のやり取りを第三者機関が入り格付けしたものですが、これはタクシードライバーに苦情やトラブルが頻発していると下がるようになっています。またこのランクは内勤の能力の高さも表しており、タクシーランクが高いということは従業員にしっかりした教育を施している会社ということになり、業界内でも高い年収を従業員に還元しているケースが多いです。これは特にタクシー業界が初めてという方は見ておきたいポイントです。そして事故補償がない会社です。業務中に万が一事故に遭うと全額自腹を強要する会社もあるのです。特にタクシードライバーの経験がない人の場合は事故を起こす確率も高くなるので、違う業界から転職を考えている場合はこちらもチェックしておきたいポイントです。