国際取引のプロ

貿易事務資格

実務と勉強から活きる

貿易事務と聞いてどんな仕事を思い浮かびますか。英語を使いこなし文化や言葉、習慣の違い、時差を考慮しながらバリバリ働く人を想像するのではないでしょうか。これから貿易事務をめざす人に今回は資格とノウハウについて紹介していきます。まず貿易は輸入か輸出かの2つです。日本から出るものか入るものかにより取り扱い方法は変わります。更にどこで働くかにより貿易事務の業務内容も変わってきます。例えば、船会社、フォワーダー、通関業者、倉庫などです。連携プレイがありきの業界なため、さまざまな人と細かいやり取りを行いつつ迅速に進める必要があります。貿易事務の資格には貿易実務検定、TOEIC、通関士がメインです。その他言語が出来ると更に活躍の場が広がります。資格を持っていないと採用されないかというとそうでもありませんが、経験や知識の目安として書面上で実力の目安になるので取得しておいた方が有利です。特に実務検定のB級以上は評価されやすいので、C級とセットでの取得をおすすめします。独学、もしくはwebスクールが一般的に人気です。資格を持っているからといって実務の実力がつくかというとそんな事はありません。経験が全てのこの業界では毎年変わる法令や税制度に柔軟に対応していかなければなりません。同時に様々な事をすすめるのが得意な人には最適な仕事といえるでしょう。通関士は人手不足なため、女性でも活躍の場が広がっていてチャンスです。